太陽光発電

産業用太陽光発電を使った事業を考えているなら

木曜日, 5月 15th, 2014 | 太陽光発電 | コメントはまだありません

太陽光発電は産業用と住宅用に別れています。これから家庭で太陽光発電を取り入れることを考えている人はおそらく住宅用の太陽光発電を設置することを考えることでしょう。産業用は企業が使う大きな発電システムと考えられがちですが、実際には一般家庭で使うということもできます。産業用太陽光発電なら売電率も高いうえに、発電した電気のすべてを買取してもらうということもできますので、太陽光発電を利用するときには産業用太陽光発電についても調べておくといいでしょう。

産業用と住宅用の違いですが、これはkwによって分けられています。10kw以上のものが産業用になり、20年間の電気買取保証を受けることができます。産業用太陽光発電を利用した発電事業は企業が率先して行っているものですが、個人で行うということもできます。住宅用太陽光発電でも電気の買取をしてもらうことはできますが、保証期間が10年と短く発電したすべての電気を買取してもらうことができないため、発電事業を行うなら産業用が必要になります。

産業用の太陽光発電を利用した発電事業を行うときには設置スペースの確保と連系の問題というものがあります。特に設置スペースの問題はそれだけの土地が必要になりますので、安く購入できる土地を探してみるということも大事です。産業用太陽光発電による売電事業は個人でもできるため人気ですが、問題点も把握しておくようにしましょう。

Search